読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

SFC修行: 事実なら一撃約39,000マイルをPP単価5円台、でも航空会社が… (追記あり)

f:id:anamileagefreak:20170329082129j:plain

 JAL激安ファーストクラスの件以来チェックしている One Time At A Mileに、また偉い案件が出ていました。770ドル(約8万6千円)でタイのバンコクからカナダのトロントにビジネスクラスで往復できるというのです。発券クラスは"D"とされており、ANAマイルに積算すると、3万PP近くを獲得できるようで、この部分のPP単価はなんと3円を切ります。

続きを読む

三井住友系ANAカードのマイル移行手数料を節約して、3年に1回だけで済ませる方法、完全版

f:id:anamileagefreak:20170327230554j:plain

 ANAマイラーならほとんどの人が持っているであろうANAカード、その中でももっともメジャーと思われる三井住友系のANAカードのうち、10マイルコースで移行する場合にマイル移行手数料を 6,480円取られるカード*1を使っている場合の話です。ポイントの有効期限が2年間なので、マイル移行手数料は2年に1回、つまり半分で済むと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には3年に1度、つまり3分の1でだけで済ませることができるので、そのやり方を詳しく書きます。(ANA JCBカードの場合も同様だろうと思いますが未確認です。)

 

 そうそう、ここでいきなり脱線ですが、今年度(2016年4月以降)に、すでに移行手数料を支払って10マイルコースでポイントを移行した方は、今月末までに貯めたポイントを全部交換しておいたほうが良いかも知れません。以下を読んで決断して下さい。

*1:一般カード、ワイドカード、Suicaカード、ToQカード

続きを読む

au持ってないと購入が結構大変? ~ 定例報告:ドットマネー100%以上還元高額コンテンツ案件、2017年3月の動き

f:id:anamileagefreak:20170326235513j:plain

 もう数日で月が変わり、毎月1日0時スタートのドットマネー高額コンテンツ案件放出の時間がやって参ります。私はしばらくは買う必要がなく傍観者気取りですが、去る3月1日にもウォッチングだけはしていたので、例によってご報告しておきます。寸暇を惜しんで買ってでもマイルを貯めたい人の究極の選択、ドットマネーの高額コンテンツ案件についてご存じない方は以下の記事をご覧ください。

ドットマネーの100%還元の高額コンテンツ案件で、大量のバイマイルをする方法 - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

続きを読む

アメリカン航空で、予約変更の差額に目玉が飛び出た話

f:id:anamileagefreak:20170325213922p:plain 

(核心の「目玉が飛び出した話」まで話がやや長いので、その部分だけご覧になりたい方はこちらに飛んで下さい。)

 

 繰り返しの話で恐縮ですが、激安ファーストクラスの旅が迫っています。この激安チケットの存在は tort様によって日本のマイラー界にもたらされ、私もその恩恵を受けて購入したものでした。もっとも激安ファーストと言っても30万円以上もして、しかも出発地が韓国だったりするんですが…


 さて、これを購入した当初の予約は以下のようでした。

続きを読む

ANAシンガポールプレミアムエコノミーが値下げ、2017年3月28日購入分から

 SFC修行海外組に欠かせないプレミアムエコノミー、シドニー往復は既に相当な安値で出ていますが、ここに来てシンガポール便が値下げされることが発表されました。

ANAキャリア運賃の一部改定・新設について|ANA

f:id:anamileagefreak:20170324231952j:plain

 

 東京からの場合、那覇-シンガポール修行を完全土日2日で完結できるので大変有用でしたが、それが値下げです!

SFC修行: 東京発、那覇-シンガポールタッチが土日完全2日で完結可能に! - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

続きを読む

アメリカのプリペイド SIMを購入してみた。(使用報告はまた後日に)

 例の激安ファーストクラス、ニューヨーク2泊3日が間近に迫っています。その準備でアメリカ用のSIMと前後に滞在する韓国用のSIMを購入しました。韓国用のSIMの報告はまた後日するとして、まずはアメリカ用のSIMの使用前報告をしたいと思います。f:id:anamileagefreak:20170323005930j:plain

続きを読む

京急ANAマイルきっぷと、羽得2枚きっぷのこと

 こんにちは、AMFです。皆さん「京急ANAのマイルきっぷ」(「の」が入るのが正式名らしい)はご存知でしょうか? 国内の地方空港で売っている、羽田空港国内線ターミナルから品川までのきっぷで、通常の運賃と同じ値段ではあるけれども、片道きっぷなら30マイル、10日間有効の往復きっぷなら70マイルが積算されるという、一見ちょっとお得なきっぷです。

(2017年3月20日、泉岳寺行きのマイルきっぷ発売を受けて更新)

 

↓ 右側が京急切符販売機「けいきゅん」。ANAマイルきっぷなどが買えます。左はモノレールの券売機。那覇空港にて。

f:id:anamileagefreak:20160721193456j:plain 

 

マイルきっぷは以前は 羽田空港-品川間のきっぷしかなかく、その先の泉岳寺まで乗ると品川から初乗り料金がかかるという落とし穴があったのですが、2017年3月から、羽田空港-泉岳寺間のマイルも発売されたので、とんでもなく損をするということはなくなりました。しかしそれでもまだ「羽得2枚きっぷ」というもっとお得なきっぷと比べるとあまり得とは言えない現状です。以下、品川方面のきっぷについてのみ検討します。

 

続きを読む

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.