読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

海外旅作に那覇修行を付けてPPを大量獲得!

 ANA公式のツアーである旅作は、フライトとホテルを自分で組み合わせることができて、しかもバラバラに取るよりも安いことが多いので、時間がある人には使いやすいツアーです。昨日ご紹介したビジネスクラスシンガポール8万円は、さすがに何かの間違いではないかと思うのですが、間違いではなくても使える組み合わせがいくつか出てきます。

↓以下のリンクは昨日の記事です

何かの間違い?ANAビジネス8万円でシンガポール!ホテル付き! - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 旅作の中でも最もお勧めなのが、プレミアムエコノミーでシンガポールに行く方法です。プレミアムエコノミーを選ぶ理由は、マイル積算率が常に100%である上、プレミアムポイントについては搭乗ポイントも400PP獲得できるため、一発で比較的大量のPPを獲得できるからです。アジア・オセアニア路線なら路線倍率1.5倍までつきます。

f:id:anamileagefreak:20160528221244j:plain

 

例えば、2016年7月16日~7月18日の3連休で検索します。最初は以下のような、組み合わせがない旨の注意が出てきますが、

f:id:anamileagefreak:20160423141906p:plain

 

ここでめげずに、復路のフライトの中から、シンガポール6:00発を選びなおしましょう。すると・・・

f:id:anamileagefreak:20160423141904p:plain

 

ご旅行代金93,000と出ました。これに諸税が加わると98,500円ぐらいになりますが、獲得PPは10,736PPにのぼりますので、PP単価は9.2程度です。さらに出発地を那覇にして、東京からの沖縄修行をつけると、16万円~17万円程度で20,392PPを稼いで、PP単価は 8~8.5です。しかも3日間で完成ですから、効率も悪くありません。到着時刻は遅く帰路便も早朝とはいえ、ホテル2泊付きでこの値段ですから、普通にエコノミーで発券して空港で24時間過ごして夜行便で帰ってくるよりも、格段に楽なことは間違いありません。ただし、以下のように帰りの時間がきついので、東京からでないとこの3日間プランはできず、その点は残念ではあります。

 羽田7:50→10:30那覇11:55→14:35成田17:00→23:15シンガポール/6:00→14:10成田(-空港間移動-)羽田17:10→19:50那覇20:40→23:00羽田

 (2017年1月3日追記: 帰りのシンガポール→成田便の発着時刻が、2016年10月30日より少しだけ後ろにずれたため、羽田発17時台の便に接続ができなくなってしまいました。そのため東京発でも丸3日での修行が不可能になっていました。コメント欄でのやり取りから判明しました。コメントありがとうございました。)

 

 どうやら旅作はホテルに最低2泊することが必要であるらしいため、3日で終わるプレミアムエコノミー修行はここでご紹介したシンガポールのものだけになってしまいますが、4日以上に延びても良ければ、PP単価・効率が最高のシンガポール以外にも、バンコク、ジャカルタ、シドニーが使える範囲に入ると思います。

 

 ちなみに旅作を予約する際、ポイントサイトを経由するとポイントを獲得できて、そのポイントをマイルに交換することで数百マイル獲得できます。この件についてはよろしければ以下の記事をご覧ください。

 

 ANA便の獲得マイル・PPを調べるにはANA公式サイトのフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションをご利用下さい。

  また、国際線については、こちらに簡単な表を作っておいてあります。

 

※ 上記はあくまで第三者が見つけた情報です。最終的な情報確認はANAオフィシャルサイトでお願いします。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.