読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

エアチャイナのビジネスクラスでPPを大量獲得!

f:id:anamileagefreak:20160616141359j:plain

 こんにちは、AMFです。前記事では海外旅作に那覇乗継便を追加してPP単価を下げる方法を紹介しました、今日は正攻法でもう一つ使いやすいものを挙げておきます。ANAではなくてスターアライアンスメンバーのフライトでプレミアムポイントを獲得する方法です。エアチャイナ(中国国際航空)やエチオピア航空がこれまでにも使われていたようですが、特にエアチャイナはしばしばかなり安いビジネスクラスを出しているのでご紹介します。(ちなみにエアチャイナ(中国)とチャイナエアライン(台湾)は全く別物です。念のため) なお、「PPって何?」という方は、こちらの記事をご覧ください → SFC修行用語集 ~ 「プレミアムポイント」と、他の「プレミアム」な用語のまとめ - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 距離等から効率が良いのは北京(PEK)経由メルボルン往復(約15万円、約19,000PP)、マドリード往復(約18万円、約19,200PP)、バルセロナ往復(約18万円、約18,500PP)、ホノルル往復(約13万円、約17,000PP)、シンガポール往復(約85,000円、約11,860PP)、プーケット往復(約87,000円、約11,100PP)あたりでしょう。他にもシドニーとかその他ヨーロッパも使えると思います。エアチャイナの往復では、現地での最低滞在日数の縛りがないので(2016年7月18日注:往路復路ともクラスRという最安値で取ろうとすると、滞在日程の縛りが出てくるというコメントを頂いています。ただし往復ともクラスRではなくても、相当に安いです。)、うまくすると金曜日の午後7時半ごろに羽田を出発、日曜日の日中に羽田に帰着ということもできるようです。ただし、中国国内での乗継が2時間あまりだったりして、万が一乗り継ぎがうまくいかなかったときのことを考えるとちょっと怖い気もします。

 

f:id:anamileagefreak:20160424140544p:plain

 

 なお、エアチャイナでは2016年7月現在、ウェブ予約6%割引セールをしています。そしてビジネスクラスのでは予約の変更は無料となっていますが、実際にはウェブでは変更ができずにコールセンターに電話することになり、ウェブ割引されていた運賃の6%を請求されますので、実際には最初の予約の変更は有料であるという落とし穴があるのでご注意下さい。

 また、エアチャイナの予約画面に不具合があるのか、前後7日間の運賃一覧表では高額な日程であっても、実際にそれを選択して次に進むと安いフライトが出てくる場合があったり、その逆もあったりしますので、この点でもご注意下さい。

 

 

 他にもSFC修行に使える路線がいくつかあるので、以下の記事でまとめてご紹介しました。よろしければご参考にして下さい。

 

 また、私のエアチャイナでのダイヤモンド修行記はこちらです。よろしければご参考にして下さい。

 

(2016年11月16日追記) エアチャイナで大変な目にあったという方のブログ記事があり、そのことで追加記事を書きました。結構な状況だったようなので是非ご参考ください。

 

エアチャイナの区間マイルの調べ方

2017年1月4日追記:現在、以下のマイレージ検索が見当たらなくなっています。Mileage Calculatorなどで3文字の空港コードを入力して大体のマイルを確認するしかなさそうです。

 

  スターアライアンスメンバーの運賃の中には、マイル・プレミアムポイント積算がない運賃というのもあるようなので、この点もご注意下さい。エアチャイナやエチオピア航空のビジネスクラスは、これを書いている時点では問題なく125%積算になるようです。なお、積算されるマイル・プレミアムポイント数ですが、エアチャイナの区間基本マイレージはエアチャイナのマイレージプログラムであるフェニックスマイルのページで、真ん中やや下にある「城市间里程查询」で「捜索」(笑)することができます。画面右上で Englishを選んでも使えます。ただしここで実際に表示されるのはマイルではなく、キロメートルなので注意して下さい。

f:id:anamileagefreak:20160722170351p:plain

 例えば、東京-北京の区間キロは2112キロと表示され、これはマイルに直すと1312.336マイルで、ビジネス搭乗だと125%積算で1640.42マイル、PPは搭乗ポイント400PPと合わせて2040.42PPと計算されるのですが、私の場合実際には1,641マイル、2,041PPが積算されました。

f:id:anamileagefreak:20160722171919p:plain

 

 さらに注意したいのは、スターアライアンスメンバーのフライトでは、ANAカード所持者がANAのフライトに搭乗すると付いてくるボーナスマイルや、ANAモール利用としてのマイルが一切つかず、またプレミアムメンバーのブロンズ以上で付くボーナスマイルも付かない点です。そのためスターアライアンスメンバーのフライトは、ブロンズになる前の段階で修行に組み入れるほうが、ブロンズになってから組み入れてボーナスマイルを失うよりも、獲得マイルの点で多少得をする場合が多くなります。

 自分でそう言っておきながら何ですが、私はなぜか修行の後半に組み入れてしまいました(北京経由メルボルン往復、私が取った時点では15万円くらいだった)。いいんです、ビジネス席で横になって約19,000PPをPP単価10以下で稼げるんですから!

 

 なお、その他の効率の良いPP獲得方法については、こちらの記事をご覧ください → 


 

※ 上記はあくまで第三者が見つけた情報です。最終的な情報確認は各社オフィシャルサイトでお願いします。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.