なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

ANAマイルでビジネスクラスの特典航空券を取ったときの話

こんにちは、AMFです。今回は、私が「なんちゃって陸マイラー」になるきっかけになった、初めてANAマイルでビジネスクラスで香港に行くことができた幸運ないきさつを紹介します。

 

f:id:anamileagefreak:20160610004359j:plain
↑雨傘革命・反政府デモの雑踏

 

 自己紹介欄にも書いてあるように、私はもともとマイレージには関心が薄かったというか、「マイルなんて簡単に貯まるもんじゃないだろうし、貯めても行きたいときに予約できるもんじゃないだろう」という思い込みがあって、積極的に貯めたことがありませんでした。ANAカードなども、妻から「紹介キャンペーンやってるよ」と勧められても勧めに乗ることもなく、長年「BIC Suica カードのほうが安定してそこそこお得だ!」と考えそれをメインカードに据えて、そのポイントをルミネ商品券に交換して金券ショップに持ち込んでいました。

  

 それでも時々海外旅行に行くことがありまた妻はANAカードで買い物していたところ、2年ほど前のある日ふと計算してみたら、楽天などのポイントも全部マイルに交換すると二人でビジネスクラスで香港に行けるだけのマイルにギリギリ達することがわかりました。

 

 「おー、マジで貯まることもあるんだ!」と意外な喜びを覚えつつ日程を空きを見てみると、ちょうど休みが取れる日程で空席がありました。しかしその時点でポイントをマイルに交換して、さらにファミリーマイル登録をして夫婦合算で使えるようにしないとならなかったので、全部のミッションが完了するまでに空席が埋まるかもしれず、気持ちが焦って仕方がなかったのを覚えています。

 

 ミッション完了まで何日かかったかは忘れてしまいましたが、結果的に空席は残り続け、見事マイルでビジネスクラス香港旅行に行くことができました。予約できたのが出発の約2週間前で、間際の日程で予約を入れられにくかったのかもしれないことと、ちょうど雨傘革命デモをやっていた頃で、敬遠されたのかもしれないことが幸いしたのかもしれません。

 

 日本から比較的近いとはいえ、タダでビジネスクラスで香港に行けたというのはそれはもううれしい経験で、こんないいことがあるならマイルを貯めようと決心したわけです。これが私の「なんちゃって陸マイラー」歴の始まりでした。

 f:id:anamileagefreak:20160610004529j:plain

 

 決心したとはいっても、実行したことはANAカードを作ったことと、普段の買い物でも楽天ポイントとかTポイントとか、気づく限りはマメにつけるようにしはじめたことぐらいでした。

 

 次回は、その「なんちゃって陸マイラー」が「真性陸マイラー」を目指そうと決意したきっかけを紹介します。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.