読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

「マイルを貯めたいけど本当に貯まるのかしら」と思っている方へ(その1)

 こんにちは、AMFです。ANAでもJALでもいいんですけど、「マイル貯めたいけど本当に貯まるのかしら」と思っている人のために、私の考えの変遷をお書きします。世のあちこちのブログに書かれているような「年間21万6千マイル貯まる!」なんて話ではありませんが(笑)、基本的なことを交えて書いていこうと思います。百戦錬磨のマイル戦士の方々には当たり前すぎる話でお恥ずかしい限りですが・・・

 

 f:id:anamileagefreak:20160621120134j:plain

 

 

最初はたぶん誰もが懐疑派、私もそうでした

 ごくたまにでも飛行機に乗ることがある人、それもJALやANAに乗る人なら、マイレージプログラムが存在することには気づいていますよね? でも「1万ン千マイル貯まったら飛行機にタダに乗れる!」とかいうけど、ごくたまに実際に飛行機に乗っても、国内線の普通席だと獲得マイルはたかだか数百マイル、国際線のエコノミークラスでも往復でせいぜい2,000~4,000マイルとかでしょう? 「これって、飛行機にしょっちゅう乗る人じゃなかったら、タダで乗れるほど貯まらないじゃん?」って思いますよね?

 

 かくいう私もそういう人でした。それで2年前までは、マイルをわざわざ貯めるという頭が全くありませんでした。例えばANAカードという、貯まったポイントをマイルに交換しやすいカードがあります。妻には作れと勧められていたのですが、どう考えてもたいして貯まるようなものじゃなさそうに思えて、妻の勧めは一顧だにせず、カードはBIC Suicaカード一本やり、ネットショッピングも基本 amazonで、マイルになるようなポイントはこれといって貯めていませんでした。私はそんな態度でしたが、妻は楽天を中心にポイントを細々とためていて、ある日それらを集計したところ、それらのポイントを全部マイルに変えて、ちまちまと貯まっていたANA搭乗で得ていたマイルに合算すれば 80,000マイルに達し、二人で香港にビジネスクラスで往復できるところまで貯まっていたことが判明しました。

懐疑派を脱却してなんちゃって陸マイラーへ ~この程度でもそこそこ貯まる~

 「うわーっ、マイルでビジネスクラスに乗れちゃうんだ!」ということで、それまでの「マイルなんて本当に貯まるのかね?」という懐疑心は一気に消失です。現金なものでこれを境に「よーし、またマイル貯めてどっか行くぞー」と態度一変、晴れて陸マイラー活動開始です。もっとも、そういいながらはじめたことといえば、

  1. ANAカードを作った
  2. 可能な限りカードで決済をしはじめた
  3. ANAモールや三井住友カードのポイントアップモールを使いはじめた
  4. 楽天ポイントも貯めはじめた

という程度の他愛もないやり方で、正攻法といえば正攻法なのですが、今から見ると「なんちゃって陸マイラー」だったなぁと笑ってしまいます。とはいえカード決済が結構な額にのぼり、新規カード発行のキャンペーンとかも合わせるとかなりのマイルが貯まって、2年後である今年はじめには北米への特典航空券(行きビジネス、帰りファースト、127,500マイル)をゲットできました。

 

 ここまではなかなかたまらなくても、航空会社系のカードを作って、電気・ガス・水道・その他何でもかんでもカード払いにし、ネットショッピングも楽天ポイントとTポイントを集めることよって、そこそこのマイルを貯めることができるのは間違いないと思います。

ポイントサイト活用術を受け入れるまでの心の壁

 今にしてみるとすごく不思議なことなんですが、2年前にそのように「マイル様々」に激変した私でありながら、「陸マイラーの王道であるポイントサイトの活用」という大技の存在には、2ヶ月ほど前まで全く気づいていませんでした。そもそも私、昔からポイントサイトが嫌いだったので、無意識に避けていたのだと思います。特に G●O系のポイントサイトや検索サービスなどは、昨今のWindows10張りの強引さで明に暗に専用ソフトをインストールさせようとするわで、インターネットの世界上で群を抜いて忌み嫌っていました。その上、頼みもしないウェブ上の昔の掲示板のお掃除係かのように山のようなダイレクトメールで「クリックで1ポイント!」とか、まるでプルトップでも集めるかのような無駄な労力を強いようとしてくるので、これまでずっと G●Oのドメインのメールはメールソフトの振り分けで根こそぎ「削除する」していたほどでした。

 

 ところが、北米へのビジネス・ファーストの特典航空券をゲットしたあと、もっとマイルを貯めようと思ってさらに調べていくと、世の陸マイラーは猫も杓子もポイントサイト活用を謳っていることがわかりました。ポイントサイトでポイントをかき集めて、それをマイルに変換するというのです。ポイントサイトには、クリックをして1ポイント獲得!とかアンケートに答えて2ポイント獲得!とかいったしみったれたポイント獲得以外に、楽天市場やビックカメラ.comといった普段使うようなサイトでもポイントサイトを経由すれば1%上乗せでポイントを獲得できるだとか、「クレジットカードを1枚作って数万円の買い物をすれば何千ポイント」とか「外食の覆面モニターで何千ポイント」といった、通常の方法で貯めようとすると途方も無いお金がかかるようなポイントを、ちょっとした手間と多少のお金でゲットできる方法があるというのです。

 

いよいよポイントサイトデビュー、でも待てよ・・・

 ここまで知ったらポイントサイトを嫌でも受け入れるしかありません。一撃何千ポイントというのがすぐできるかどうかはわからなくても、通常のネットショッピングをポイントサイト経由で1%ぐらいのポイントをゲットするところスタートしようと、ポイントサイト登録をはじめました。そしてどこから登録しはじめたかというと、世の陸マイラーサイトのどこかしこで勧められているように、ご多分にもれず「ハピタス」と「ポイントタウン」からスタートしたのでした。それらの2サイトは、しっかり使えば使うなりの見返りは確かにあると思います。しかし、真性陸マイラー活動を徐々にしていくうちに、これからポイントサイトを活用してプラスアルファのマイルを獲得しようかなというライトなマイラーの人には、いきなりその二つはちょっと荷が重いのではないだろうかと思うようになりました。

 

その2に続きます。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.