読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

2017年SFC修行を効率よく終わらせる方法を考えてみた

 こんにちは、AMFです。今年ももう後半戦に入っているわけですが、来年にSFC修行を考える場合、できるだけ仕事に穴を開けず、海外旅行も楽しみつつ、効率よく終わらせるプランはどうなるかを考えてみました。まあ、自分がもしゼロからSFC修行をするならどうするか、ということです。例によって東京発のプランで失礼します。

(注記: この記事は最初の掲載から時間が経過して、日程、費用については合わない部分が出ていますが、行き先とプレミアムポイント(PP)の獲得方法については参考になるので、大筋でそのままにしておきます。)

もし、エアチャイナに乗ってもいいということであれば、

 エアチャイナに乗ってもいいということなら、話は早いです。(エアチャイナのSFC修行に対する効果については、以前に書いたこちらの記事をご覧ください。また、エアチャイナなんて冗談じゃない!という方はこちらの記事をご覧ください。)

 

  1. まず正月1月1日からエアチャイナでメルボルンへ弾丸旅行
  2. 次に1月7日(土)からANA海外旅作プレミアムエコノミーでシンガポール2泊3日
  3. 最後に3月17日(金)の夜からANA海外旅作プレミアムエコノミーでシドニー4泊5日(機内2泊、3月21日(火)早朝羽田着)
  4. 海外旅作のどこかで1回だけ、片道にプレミアムクラスを利用した那覇往復をする(シンガポールに行く前につけるのが一番仕事に穴が開かない)

 

 というのが、私の考えるゴールデンコースです。

 

 獲得PPと獲得マイルは以下のようになります。獲得マイルについてはANAカード一般を所持していることを前提に、ボーナスマイル10%を加算しています。

SFC解脱に最適なルートパターン。ANA旅作プレミアムエコノミーの利用で、シンガポール往復、シドニー往復、そのいずれかの前後1回だけ東京-那覇往復を付加し、さらにエアチャイナビジネスクラスで東京-北京-メルボルン往復。

 

このプランの良い所は、

  1. わずか10回の搭乗で解脱できる。
  2. 全ての国際線搭乗前にラウンジが使える。
  3. メルボルン往復はフルフラットシートで快適。
  4. 国内修行よりもマイルが多く貯まる。特にブロンズのボーナスマイルがない段階で、獲得PPに比してマイルを多く獲得できる他社運航便を利用するので、マイル獲得の効率がかなり良い。
  5. 一つの街に1回ずつしか行かないので飽きない。
  6. 前半でマイルがかなりたまるので、シドニー往復のうちの片道を 25,000マイル使用してビジネスにアップグレードできるかもしれない。(海外旅作でアップグレードができるのはプレミアムエコノミーだけ、ただし出発30日前からしか受付てもらえない)

 

といったことが挙げられます。

 

 費用の概算は、

エアチャイナ東京-北京-メルボルン往復:約154,000円

シンガポール旅作:約108,500円

シドニー旅作:約166,000円

那覇往復:片道が乗継扱いで5,500円、もう片道がプレミアム旅割28または株主優待プレミアム運賃で約30,000円

で、ホテル代込みでも50万円ぐらいで収まります。ホテル代全て込みでPP(それはPPとは言わないか?)が10を切るのですから、優秀だと思いませんか?

 

 一方、このプランの欠点は、

  1. 全てANAグループで修行した場合に40,000PP達成で20ポイントもらえるはずのアップグレードポイントが、30,000PPまでしか達しず10ポイントしかもらえない
  2. エアチャイナ搭乗でANAマイレージクラブ会員番号の登録に失敗すると、マイル・PPがすぐに付与されるとは限らない。(搭乗時にきちんと登録すれば2日後には積算されます。)
  3. それによってシドニー路線のアップグレードの夢が消えるかも知れない。
  4. シドニーへの出発は金曜日の終業後、帰りは連休明けの早朝でそのまま仕事に行かねばならない。

 

といったところが挙げられます。

 

注: エアチャイナ予約の際は、PEK(北京)とPVG(上海)を間違えないようにしてください。上海経由だと獲得PPが片道1,000PP以上減ってしまいます。

 

エアチャイナは嫌だよという方は

 

 「エアチャイナは嫌だよ」という方、そのお気持ちは大変良くわかります。そういう場合はとりあえず成人の日連休と春分の日連休でシンガポールとシドニーをこなして、あとはゴールデンウィークにもう一度シンガポールに行くか、あるいはバンコクに行くかというのは如何でしょうか。まだ発売前ですが、プレミアムエコノミーのツアーは普通のエコノミーのツアーよりも売り切れが遅いのでその点でも有利です。こちらの記事もご覧ください。

 なお、那覇修行のうち、海外便との接続ではないプレミアムクラスの部分は、出発の2ヶ月前に「プレミアム旅割28」や「株主優待割引」で別途予約する必要があります。

 

 海外旅作申し込みの際は、ポイントサイトを利用してのポイント取りもお忘れなくどうぞ。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.