読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

京急ANAマイルきっぷと、羽得2枚きっぷのこと

ポイント・マイル獲得ヒント特選 国内旅行ヒント特選 ポイント・マイル獲得ヒント

 こんにちは、AMFです。皆さん「京急ANAのマイルきっぷ」(「の」が入るのが正式名らしい)はご存知でしょうか? 国内の地方空港で売っている、羽田空港国内線ターミナルから品川までのきっぷで、通常の運賃と同じ値段ではあるけれども、片道きっぷなら30マイル、10日間有効の往復きっぷなら70マイルが積算されるという、一見ちょっとお得なきっぷです。

(2017年3月20日、泉岳寺行きのマイルきっぷ発売を受けて更新)

 

↓ 右側が京急切符販売機「けいきゅん」。ANAマイルきっぷなどが買えます。左はモノレールの券売機。那覇空港にて。

f:id:anamileagefreak:20160721193456j:plain 

 

マイルきっぷは以前は 羽田空港-品川間のきっぷしかなかく、その先の泉岳寺まで乗ると品川から初乗り料金がかかるという落とし穴があったのですが、2017年3月から、羽田空港-泉岳寺間のマイルも発売されたので、とんでもなく損をするということはなくなりました。しかしそれでもまだ「羽得2枚きっぷ」というもっとお得なきっぷと比べるとあまり得とは言えない現状です。以下、品川方面のきっぷについてのみ検討します。

 

「マイルきっぷ」は品川まで410円、泉岳寺まで450円 (往復はそれぞれ倍額)

f:id:anamileagefreak:20160721183010j:plain

 

 マイルきっぷの内容は先に書いたとおりで、京急の公式ページにも紹介があります。(交通系ICカードなら133円ですが、複雑になるのを避けるため、以下普通のきっぷによる運賃のみ検討します)。ちょっとした注意としては、このきっぷを使って都営線で泉岳寺より先に行く場合、羽田空港-都営地下鉄接続割引(60円引き)が受けられないことと、泉岳寺で一旦下車しなければ、精算時には交通カード料金(1円単位)でなく現金できっぷを買う料金(10円単位)で精算することになるということがあります。さらに付け加えるならば、都営からさらに東京メトロに乗り継ぐ場合に、ソラチカカードで東京メトロ乗車時にもらえる5ポイント~15ポイントももらえなくなります。

 

謎の多い「羽得2枚きっぷ」

 

 「羽得2枚きっぷ」は、謎というか不思議というか、京急の公式サイトに紹介がありません。現時点で「羽得2枚きっぷ」をググっても、個人サイトが引っかかるばかりです。しかし地方空港ロビー等に置かれている京急の券売機「けいきゅん」で、お得なきっぷ一覧を押すと最初のページに出てきます。このきっぷは620円で、10日間有効のきっぷが2枚セットになっており、2人が一緒に泉岳寺または横浜まで行くか、1人で往復することができます。マイルきっぷと違って品川行きと泉岳寺行きの区別がなく、同じ値段で京急と都営線の接続駅である泉岳寺まで有効です。

 また、羽得2枚きっぷの使い方には、片道、往復の縛りはなく自由に使えるようです。B券を先に使っても大丈夫でした。私は先日国内からの帰りに羽得2枚きっぷを買って1枚をその帰り道に使い、後日もう1枚を国際線ターミナルから泉岳寺までの乗車に使いましたが、自動改札で普通に使えました。

 

 

代表駅までの運賃の比較

 

 それでは、それぞれのきっぷを持った場合に、代表的な駅までかかる運賃を比較してみましょう。(羽得きっぷは1人での片道利用には使えないことにご注意下さい。)

f:id:anamileagefreak:20170320210518p:plain

 

2人組または10日以内の往復ならば羽得2枚きっぷが得

  こうしてみると、マイルきっぷと羽得2枚きっぷの値段の差は歴然としていて、羽得2枚きっぷが使える状況ならば、羽得2枚きっぷがだいぶお得であることがわかります。マイルきっぷはたとえ品川まで乗る場合であっても、羽得2枚きっぷよりも往復で200円も高く、それでいてもらえるマイルは往復で70マイル.つまり1マイルあたり 200÷70≒2.857円でマイルを買っている(バイマイル)ことになるわけです。片道の場合は100円で30マイルですから、100÷30≒3.333円のバイマイルです。私の考えでは1マイル2円を超えるバイマイルは得なバイマイルではなく、普通に考えれば偶数人数での移動や、一人でも10日以内に往復することが確実ならば、羽得2枚きっぷを買っておきましょうという話になります。

 そうするとマイルきっぷの出番は、一人で乗車をする場合のみ30マイルだけ得をするということになります。ただし都営線の駅までの乗車の場合は、60円で30マイルをもらう計算になるので、2円でマイルを買う計算になるので好みが分れるかもしれません。そもそも今の時代は、マイルを大量に貯めるための相応のやり方がありますので、マイルをもっと貯めたい方はそちらにシフトしていくのが良いと思います。

飛行機に乗らずに大量のマイルを貯めて、貯めたマイルでファーストクラス、ビジネスクラスに乗って旅に出よう! - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 マイルきっぷ、羽得2枚きっぷの買い方

 

 念のため買い方の紹介です。券売機「けいきゅん」でまず左下の「全てのお得なきっぷ」ボタンを押します。右下に「京急ANAのマイル往復きっぷ」のボタンがありますが、釣られてはいけません。

f:id:anamileagefreak:20160721193726j:plain

 

 続いて「都心方面」または「横浜・三浦半島方面」を選びます。

 

f:id:anamileagefreak:20160721193836j:plain

 

 すると「マイル往復きっぷ」、「マイル片道きっぷ」、「羽得2枚きっぷ」が現れるので、買おうとしているきっぷのボタンを押します。

 

f:id:anamileagefreak:20160721193858j:plain

 

 マイルきっぷの購入の場合は、このあとANAマイレージクラブ番号が求められます。普通はマイレージクラブカードかANAカードがあればそれを通せばいいようなのですが、私はいつもマイレージクラブ番号の記載のあるANAカードを突っ込んで、「このカードは使えません」のような表示が出て失敗しています。(写真がなくてごめんなさい。) そのためマイレージクラブ番号10桁を直接入力し、きっぷは現金で買っています。この辺の券売機の挙動は良くわかりません。

 

 マイルきっぷのボーナスマイルは、1-2ヶ月後ぐらいに付与されます。

f:id:anamileagefreak:20160721194733p:plain

 

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.