なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

ソラチカカード: 年間21万6千マイルを作り出す、マイル活動に必須のクレジットカード

 こんにちは、AMFです。今日は、これまでANAマイル獲得活動をしたことがある方なら誰でも知っている、ANA陸マイラーにとって基本かつ必須のクレジットカード、万単位のマイル獲得につながるソラチカカードの解説です。

f:id:anamileagefreak:20161010210738j:plain

 

ソラチカカードって何?

 いわゆるクレジットカードです。発行元はJCB、そこにANAと東京メトロが乗っかっています。クレジットカードですから、買い物のときなどに現金を払う代わりとして決済ができます。でも陸マイラーは基本的にこのカードは決済には使いません。

 

なぜ陸マイラーにとってソラチカカードが必須なのか?

 決済に使わないのになぜこのカードが必須なのかと言えば、早い話が、このクレジットカードを持っていれば、いろいろな陸マイラー活動を通じて手に入るマイルの量を1.8倍に増やして、万単位の大量のマイルを獲得できるからです。通常なら1万マイルを獲得できる程度の陸マイラー活動をしたとすれば、このカードを持っていて少し操作をすることによって、1万8千マイルを獲得することができるのです。

 

なんでそんなことができるのか?

 多くのクレジットカードがポイントプログラムを持っているのと同様に、ソラチカカードもポイントプログラムを持っています。ソラチカカードのちょっと変わっているところは、ポイントプログラムが2つあることです。1つは JCBの Oki Dokiポイントプログラムと言って、通常のクレジットカードのポイントプログラムと同様に、使った金額に応じて貯まっていくポイントす。もう一つがソラチカカードの特長である、メトロポイントというものです。メトロポイントは、使ったお金によって貯まるOki Dokiポイントとは別に、東京メトロに乗車したり、東京メトロの定期券を購入した場合に貯まっていきます。このメトロポイントをANAマイルに交換するときに、100円分のポイントを90マイルに交換できるのですが、Tポイントや Pontaポイントなど他の多くのポイントプログラムでは、100円分のポイントは50マイルにしかならないので、それらと比べると大変効率がいいわけです。

 

f:id:anamileagefreak:20161010200113p:plain

 

いくら効率が良くても、東京メトロの乗車や定期券購入で、万単位のマイルが獲得できるの?

 できません。東京メトロに1回乗車して貯まるメトロポイントは5~15ポイントです。どうやったって万単位のメトロポイントは貯まりません。では陸マイラーはどうやって大量のメトロポイントを獲得しているかというと、ポイントサイトというものを使って獲得しているのです。ポイントサイトというのは、そのポイントサイトを通じて通信販売などを利用することによって、Tポイントや Pontaポイントなどと同様にそのポイントサイトのポイントを貯めることができるサイトのことなのですが、そのようなサイトでは、通常の買い物以外に、そのサイトを通じてクレジットカードを新しく発行するなどの特殊なミッションをこなすことによって、大量のポイントを獲得することができるという荒業が、多数用意されているのです。

 

 ポイントサイトで獲得したポイントは、直接ANAマイルに交換することができるものもありますが、一旦ソラチカカードのメトロポイントに交換することによって、直接ANAマイルに交換する場合の1.8倍へと増大させることができるのです。例えば、ちょびリッチというポイントサイトのポイントで見てみましょう。ちょびリッチポイントはメトロポイントには直接交換できないので、その前にドットマネーという別のポイントサイトのポイントに交換した上でメトロポイントに交換する必要があり、実際の流れは以下のようになります。

f:id:anamileagefreak:20170129022133p:plain

 

  こうすればわずかな手間をかけるだけで、獲得マイルが 5,000マイルから 9,000マイルへと1.8倍になるわけです。

(注:ちょびリッチからドットマネーへの交換は、実際には 1:1 よりも少しおトクになっている場合あり、その場合にはさらに多くのマイルを獲得できます。)

 

上の例を見ると、ソラチカカードがなくても頑張れば万単位のマイルを獲得できそうだけど?

 あっ、バレました?(笑) それはその通りで、大量マイル獲得の核心はポイントサイトでの頑張りにかかっています。そうはいっても、ちょっとの手間をかけるだけで、そのポイントサイトの頑張りが 1.8倍にもなって報われるのですから、やっぱりこんな美味しい話はないわけで、ANAマイルを貯めようと思っている人は真っ先にソラチカカードを作るべきだという結論になります。

 

ポイントサイトがなんだかよくわからない

 まずはこちらの記事をご覧ください。

 

ポイントサイトで頑張らないとダメなの?

 基本的にはそうです。ただ、どの程度頑張るのかはどんなミッションをこなすのかによって違ってきます。ポイントサイトで頑張ってうまくいくのかなと疑問に思っている方は、以下の記事をご覧ください。

 

ソラチカカードのその他情報・注意事項

 毎月のマイルへの交換上限は 20,000ポイントで、交換申請は月1回限りです。そのためソラチカカードを使ってのマイルの獲得上限は18,000マイルとなり、1年間で18,000×12=216,000マイルということになります。

 年会費2,000円+税がかかります。ただし毎年1,000マイルのボーナスをもらえます。

 「ソラチカカードを発行すること」自体でポイントを獲得できるポイントサイトは、現時点ではありません。放っておいても作る人がたくさんいるからでしょう。

 カード発行後にキャンペーンに登録し、条件に沿ってカードを利用することによってボーナスマイルを獲得できることが多いです。キャンペーンはしばしば変わりますので、カード発行の際によく探して下さい。

 ソラチカカードのPASMO機能を使って、東京メトロへの乗車することによってメトロポイントを獲得するためには、カード発行後にウェブサイトでメトロポイントプラスに登録する必要があります。

 家族会員カードを作っても、マイルへの交換上限は合わせて毎月20,000ポイントのままなので、原則として作る意味がありません。ご家族がいらっしゃる場合は、ご家族も別々にソラチカカードを作って、別々にマイル獲得活動をさせるのが良いでしょう。

 

 ソラチカカードはこちらからお申込できます。公式サイトです。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.