なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法、ざっくり概要編

f:id:anamileagefreak:20161109001719j:plain

 こんにちは、AMFです。飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」、どうすればそれが可能なのか、その方法を段階を追って紹介します。

 

 1. クレジットカードを利用してマイルを貯める

  • アイテム:ANAカード(JALカード)のみ
  • 労力:ほとんど無し~ 月に1回のパソコン作業(数分)

 ありとあらゆる支払いを、できるだけクレジットカード済ませるだけの方法です。ANAの場合、ANAカードにはいろいろありますが、年間100万円程度の利用額でそれ以上増える見込みがない方の場合は、マイ・ペイすリボ登録と普段の利用によって年会費を751円+税に抑えらえる ANA VISA Suicaカードか ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードを、決済額がそれより多く、かつ普段も飛行機に乗ることがある方の場合は、マイ・ペイすリボ登録+WEB明細書サービス利用と普段の利用で年会費を9,500円+税に抑えて、カードで貯めたポイントを無料でマイルに移行できるワイドゴールドカードがお勧めです。

 

 とはいえ、所詮は決済額の1~1.5%のマイルが貯まる程度ですから、年間決済額100万円で10,000~15,000マイル、決済額200万円でも20,000~30,000マイル程度です。これまで意識してマイルを貯めたことがない人であれば、これだけのマイルでも相当多いように思うかもしれませんが、こんなのは序の口です。もっとがっつり貯めたければ、これより上級コースである、ポイントサイトの活用が必要になってきます。

 ANA VISAカードのご検討には、こちらをご覧ください。

ANAカード3枚(+おまけ1枚)使いの実態 - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANA VISA Suica カードの活用の勧め - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

2. ポイントサイトを利用してポイントを貯めて、それをマイルに交換する

  • 必要アイテム: ちょびリッチをはじめとしたポイントサイト
  • 労力:クレジットカード申し込み、外食モニター、その他いろいろな「案件」をこなす手間

 真性の陸マイラーは、マイルを稼ぐ主戦場はカードではなくポイントサイトであると考えており、ここからが本当の陸マイラー道の入り口です。例えばポイントサイトの「ちょびリッチ」に登録し、サイト内検索でANA VISA Suicaカードを検索し、そこのリンクからカードを申し込んで発行すると 3,000~4,000円分の「ちょびポイント」を獲得できるのですが(獲得ポイント数はその時によって異なります)、そのちょびポイントは400円分を200マイルに交換できるので、結局1,500~2,000マイルを獲得できることになります(ちょびリッチの場合、ANAマイルでもJALマイルでも同様です)。クレジットカード発行以外にも、外食モニター、商品モニター、FX口座開設・取引実行といった陸マイラーの王道的な活動が揃っており、これらの活動を実践することによって、1)で紹介したクレジットカード利用でのチマチマしたマイル獲得とは比較にならないほどのマイルを獲得することができます。ただし、ANAマイルを貯める場合には次のステップに進むことによって獲得マイルを1.8倍に増やすことができるので、ここでストップしては大変もったいないことになります。逆にJALマイルを貯める場合には、これ以上にマイルを増やす余地が少なく、そのため世の陸マイラーの大多数がANAのマイル獲得に走っている状況になっています。

 なお、ここでちょびリッチを例として挙げたのは、ポイントサイトの中でもポイントをマイルに直接交換する場合の交換レートが比較的良いからです。ポイントサイトについては以下の記事をご覧ください。

マイル大量獲得の原動力・ポイントサイトとは一体何なのか? - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 3. ポイントサイト獲得したポイントを、メトロポイントに交換してからANAマイルに交換する

  • 必要アイテム: ちょびリッチ等のポイントサイト、ポイントサイトの .money、ソラチカカード
  • 労力:2)で挙げたポイント獲得活動+ポイント講座管理(最低月一回のパソコン作業)

 ここからはANAマイラー専用のテクニックになります。例えばちょびリッチで稼いだちょびポイントは、直接ANAマイルに交換する場合は400円分が200マイルになる計算ですが、同じ400ポイントを360マイルに交換する技があるのです。それがいわゆるソラチカルートというもので、「ちょびポイント → .moneyマネー → メトロポイント(ソラチカカードのポイントシステム) → ANAマイル」と交換することによって実現します。ちょびポイントはメトロポイントに直接交換することができないので、その仲介役として.moneyマネーという別のポイントサイトを経由することになります。パソコン入力が一手間かかることにはなりますが、それでも例えば10,000円分のちょびポイントが、直接ANAマイルにすると5,000マイルになるところを、このルートを通してマイルにすると9,000マイルになるのですから、多少手間でも利用しない手はないということになります。

 ソラチカカードについては以下の記事をご覧ください。

ソラチカカード: 年間21万6千マイルを作り出す、マイル活動に必須のクレジットカード - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

4. あらゆるポイント獲得活動に努力する

  • 必要アイテム: さらに多くのポイントサイト(ハピタス、ポイントインカム、GetMoney、PeX、Gポイントなど)
  • 労力: 3)に加えてさらなるポイント獲得活動+さらなるポイントサイト管理

  ポイントサイトはちょびリッチ一つではありません。しかも同じ「案件」であってもポイントサイトによって獲得ポイントに差があるものばかりです。そこで、大量ポイントを獲得できそうな案件の場合(しばしば高還元の案件といいます)には、いくつかのポイントサイトに登録しておいて、まずどのポイントサイトが得なのかを調べてからこなすようにします。どのポイントサイトが一番得であるかを、多くの陸マイラーは「どこ得」という比較サイトを利用して比較しています。

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

 しかしいくら注意していても、ポイントサイトが突然開始するキャンペーンなどは、一人で頑張っていても見つけられないときがあります。そういう事態を防ぐためには、他の陸マイラーの方々のブログを定期購読しておくのが良いでしょう。おいしい案件が登場すると、誰かしらが記事にしてそれが拡散していくので、その恩恵に預かろうということです。この「マイレージ」のリンクボタンから、「にほんブログ村」のマイレージカテゴリに登録しているブログがたくさん見つかるので、それらの中で自分に合いそうなものをピックアップしておくと良いでしょう。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

 そしてフル活動するためにポイントサイトを複数登録しようと思われた方には、以下の記事にマイルを貯めるのに使いやすいポイントサイトをまとめてご紹介しましたのでご覧ください。

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法、ポイントサイトまとめ - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.