読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

間近に迫った2017年、国際線重視のSFC修行はどう計画する?

f:id:anamileagefreak:20161203004011j:plain

 こんにちは、AMFです。自分は既にSFC達成、その勢いでダイヤモンドも達成したわけですが、結婚してしまうと彼女に対する態度がガラッと変わってしまうのと同じように、飛行機の乗り方、フライトの選び方に関する基準が全く変わってしまうような(笑)。いやいやそんなことはないぞということで、ちょうど12月9日海外旅作もタイムセールをやっていることですし、自分が歩んだ道を振り返りつつ、来年またやるとしたらどうするかをちょっと妄想してみます。

 

 国際線重視派の基本戦略は当ブログ開設時から繰り返しているように、旅作・普通発券を問わずプレミアムエコノミーで東南アジア・オセアニアへの往復を中心に据えて、それに那覇-東京をくっつけるということになると思います。東南アジア・オセアニアを選ぶのは、PP計算上路線倍率1.5倍があってかつ比較的遠距離でPPを稼ぎやすいからです。あとはそこにスターアライアンス加盟の他社フライトを入れるというオプションもあります。

 

 具体的な典型例は以前の記事に書いたとおりで、例えば東京在住で全てANAで揃えるならばバンコク1回、シンガポール1回、そしてシドニー1回それぞれプレミアムエコノミーで往復し、さらにその前後に全部合わせて3回の那覇修行をくっつけるのが最低ラインかと思います。

 

 また、エアチャイナをつけてもいいよということであれば、エアチャイナで東京-北京-メルボルン往復などを付けると、ANAではシンガポールとバンコクに往復、あとは那覇往復1回で済むことになります。

 

 他にも2016年だと夏前にSASで格安ビジネスクラスキャンペーンを やっていて、PP単価10ぐらいでヨーロッパ往復ができるのがありました。そういうのが出たらそれに乗っかるのもいいですね。

 

 日程を考えるときにとりあえず知っておくといいのは、各線の往復時のPPでしょう。海外全路線の一覧はこちらにありますが、

 

上記のページにある表から重要な部分だけ抜き出すと、

  • プレミアムエコノミーで東京-シドニー往復:15,388PP
  • プレミアムエコノミーで東京-シンガポール往復:10,736PP
  • プレミアムエコノミーで東京-バンコク往復:9,406PP
  • プレミアムエコノミーで東京-ジャカルタ往復:11,636PP

となります。これに加えて、それらの前後に付け加える東京-沖縄の往復については、以下のようにまとめられるので、

行き先 プレミアム割引運賃 国際線接続の国内部分 普通席特割 普通席旅割 割引プレミアム席と乗継普通席で海外の前後に修行
東京-那覇 2,860 1,968 1,876 1,476 4,828
東京-宮古 3,294 2,316 2,137 1,736 5,610
東京-石垣 3,460 2,448 2,236 1,836 5,908

 

 これらを組み合わせて5万PPを超えるように行き先をまとめればいいわけです。

 

 その他にエアチャイナのビジネスクラスを入れるには、以下に片道分のPPを示したので、参考にしてください。計算はエアチャイナのホームページの計算ツールでキロメートルが出てくるので、それをマイルに換算するために1.609でわり、そこに搭乗ポイント400PPを足したものです(数PPの誤差があるかもしれません)。

北京-東京 北京-バルセロナ 北京-マドリード 北京-メルボルン 北京-シドニー 北京-オークランド
2041 7246 7551 7491 7363 8498

 

 エアチャイナの使い方については以下の記事に挙げてあります。

 

 うーん、これまでに書き連ねていたこと以上の情報はなく、単なる復習になってしまいました。すみません。

 

 もっとも、SFC修行計画を練るのに現時点で一番困るのは、2017年4月以降の海外旅作がバカ高いことにあると思います。3月まではそれなりに安く発売されていて、特にバンコクのプレミアムエコノミーが安いですよね。これとシンガポールとを予約しておけば、あとはシドニーに行けばSFC達成しそうですが、4月以降のシドニーの安いのはいつ出るでしょう?これについては、以下のANA公式海外ツアー発売情報と、例年の海外旅作発売時期を参考にすると、

 2016年12月13日か、2017年1月17日のいずれかに、シンガポール等も格安の設定が出てくるのではないかと予想しています。ついでに、エアチャイナのディスカウント価格もその頃に出てくるのではないかと思われます。果報は寝て待て、計画立案は慌てるなということだと思います。

 

 それにしても、ANAでは海外旅作でもプレミアムエコノミーのマイル・PP積算率が100%で良かったです。いま、来年のJAL JGC修行をどうするか考えていますが、旅作のようなダイナミックパッケージだとプレミアムエコノミーといえども積算率が50%に半減するそうで、やりにくいことこの上ありません。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.