読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

クレジットカードを使ったその場から手数料がかかる恐怖のリボ払いに要注意

f:id:anamileagefreak:20161212213636j:plain

 こんにちは、AMFです。昨日 Yahoo!カードからリボ払い変更キャンペーンの案内が来まして、以前に失敗した記憶がよみがえったので、今回はその話を書きます。リボ払いの手数料がいつからかかるのかよく知らない人は、ぜひご一読下さい。

 

 ANA陸マイラーにとって一番馴染みのあるリボ払いといえば、それは ANA VISAカードに代表される三井住友系ANAカードのマイ・ペイすリボでしょう。そしてこのカードを使っている多くの方は、意図的に手数料を発生させてボーナスポイントを頂戴することにリボ払いを活用していることと思います。そしてその手数料は普通は1円~20円程度に収まっているだろうと思います。

決定版!これで失敗しない、三井住友のANAカードリボ払いのボーナスポイント獲得条件 - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 ところが、ANA VISAカードのマイ・ペイすリボと同じ調子で考えて「リボ払いだって、残額出さずに1回目に全部払えば怖くない」と思いきや、そうではないのです。ANA VISAカードのマイ・ペイすリボは、買い物をした後の支払日に払いきらなかった分に対して、その支払日の翌日からかかることになっているので、支払日に全額支払ってしまえば手数料はかかりません。しかしカードによっては、買い物をした分の締め日からかるものや、買い物をした日からかかるものもあるのです。これらの場合は利用すれば必ず手数料がかかることになり、ANA VISAカードの場合とはリボ払いのイメージが全く異なることになります。

 

 それを知らずに例えば今回の Yahoo!カードのリボ払いコースキャンペーンに申し込み、ANA VISASカードと同じ調子でリボ払い設定をすると、明細に想定外の手数料が計上されることになります。私は今年、税金を nanacoチャージで支払うことによってポイントを獲得しようと、だいぶ以前に作ってあった楽天JCBカードでチャージすることをはじめたのですが、おそらく楽天カードを作るときのキャンペーンでリボ払いを設定してあったのでしょう、思いもよらぬ手数料がかかってきて慌ててリボ払いを解除した苦い思い出があります。

 

 そう思うと、ANA VISAカードのマイ・ペイすリボは、初回支払日に全部払えば手数料はかからず、ちょっとでも手数料を発生させればボーナスポイントを獲得できるし、年会費は割引になるしですごい大盤振る舞いしてくれていることがわかります。

 

 なお、今回のYahoo!カードのキャンペーンは対象者限定で、既に明細にある利用分を後からリボ払いに変更することで、利用額10万円分まで10%の期間固定ポイントが付与されるというものですが、リボ払いに変更するとその時点で手数料が1.25%かかることになります。ポイントを10%獲得できるのでうまく使えば得をしますが、今回付与される期間固定ポイントは、2017年1月末頃に付与されて、2月15日までという短命なものですから、そこをよく考える必要がありそうです。

 

 うーん、でも差し引き8%あまりのお得だったら、申し込んでみようかな・・・と一瞬思ったのですが、私のYahoo!カードは、つい数ヶ月前のYahoo!カードキャンペーンの際に陸マイラー活動の一環として作ったものだったので、ほとんど使っていないため今回のキャンペーンにはまともに乗っかれないことに気づきました(笑)

 

 とにかく、カードを新たに作る際にリボ払いを設定する場合は、金利がいつからかかるのかをよく確認するようにしましょうというお話でした。

 

 そうそう、海外旅行キャッシングが非常にお得なセディナカードも、ANA VISAカードと同じくショッピングの初回支払いまでは手数料がかかりません。海外キャッシング最強のセディナカードについては、こちらをご覧ください。

海外キャッシング手数料ゼロで年会費もゼロ!セディナカードは海外旅行絶対必需品! - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.