なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

SFC修行: 東京発、那覇-シンガポールタッチが土日完全2日で完結可能に!

 こんにちは、AMFです。このブログの始まりは、海外旅作シンガポール激安ビジネス案件と、プレミアムエコノミー利用や海外旅作利用によるSFC修行の勧めでしたが、後者はSFC修行界にすっかり定着した感じがあります。10日ほど前にドメイン名を変更して以降検索順位がガタ落ちしていますが、その概要をまとめた記事は随分長らく皆様に読んで頂いておりました。

f:id:anamileagefreak:20170201180006g:plain

 

 今年は既に多くの方が効率よい修行プランの提案をされていますが、ここに来て「東京発、完全丸2日で那覇-シンガポールタッチ修行」が可能になっていたことに気がついたのでご報告します。(一応他の方のブログを確認した限りではこの話は出ていなかったのですが、もし出ていたらすみません。ブログ界は「持ちつ、持たれつ、出し抜いて」(妻談)ということでご容赦を…)

 

シンガポールのプレミアムエコノミーにも Super Value Plusが登場

 2017年4月から、羽田-シドニーのプレミアムエコノミーに最安値 Super Value Plusが設定され、その価格が往復13万円台(2017年2月からは燃油サーチャージ上乗せで14万円台)と激安だったため、一挙に話題をさらったのは最近のことでした。

シドニー往復プレエコが13万円台、PP単価約9円で15,388PP獲得、那覇修行をつけてPP単価8以下でも解脱可能、土日の修行にも! - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

 その陰でシンガポールをはじめ東南アジア便にも Super Value Plusが設定されたのですが、東京-シンガポールのチケット本体価格が111,000円とシドニー便に比べるとお得感が低く、また、同じ東京-シンガポールのプレミアムエコノミーであっても、2017年3月末までの セール運賃 99,000円や、海外旅作での10万円前後のほうが明らかに安いため、今のところ大きな注目は集めていないと思います。

 

乗り継ぎ時間のアヤで丸2日修行が可能に

 ただし、2017年3月までと、2017年4月からとで決定的な違いが現れました。それは帰国便の時刻が変更になって、乗り継ぎに変化が生じたことです。その結果、以下のような修行プランが可能になりました。

1日目 NH467 羽田8:40 那覇11:25
  NH2158 那覇12:20 成田15:00
  NH803 成田17:00 シンガポール23:15
2日目 NH802 シンガポール6:00 成田14:10
  NH1097 羽田17:15 那覇19:50
  NH478 那覇20:40 羽田23:00

注:1日目の1本めは、更に早いフライト(3本あり)でも可。1日目の3本目は、成田18:05→シンガポール翌日0:15でも可。

 

 このようなプランが可能になったのは、2017年3月26日から国際線の時刻が変わるためです。3月25日までは、2日目1本めのシンガポール-成田便が、 成田14:20着で運行されるため、その後の羽田便まで3時間を切っていて乗り継ぎができないのですが、3月26日からは上の表のように3時間を確保して乗り継ぎが可能になりました。このNH802便シンガポール→成田とNH1097便羽田→那覇との乗り継ぎは修行者泣かせで、私が2016年5月に旅作シンガポール修行に出かけたときには可能でしたが、2016年10月に時刻改定で不可能になっていたものです。今回改めて可能になりました。

 

 

丸2日が可能なのは土日だけ

 シンガポールの Super Value Plus運賃の規則は、「現地滞在1日(土曜日の滞在を含む)」となっており、実際に丸2日で修行できるのは土日だけということになっています。早く修行したくて仕方がない人は、早速4月1日~2日の土日でもできます。

f:id:anamileagefreak:20170201181215p:plain

 

那覇-東京-シンガポール部分のPP単価は8.88円

 さて、PP単価ですが、計算したところ本体部分は意外や 9円を下回りました。 

那覇-シンガポール修行、PP合計20,392 PP 価格 PP単価
1日目 NH467 羽田→那覇 プレミアムクラス 2,860 まちまち まちまち 
  NH2158 那覇→成田 普通席Y 1,968 130,330 8.88
  NH803 成田→シンガポール プレミアムエコノミーE 5,368
2日目 NH802 シンガポール→成田 プレミアムエコノミーE 5,368
  NH1097 羽田→那覇 普通席Y 1,968
  NH478 那覇→羽田 プレミアムクラス 2,860 まちまち まちまち 

 

 土日修行になるので、1日目1本めの羽田→那覇と2日目最後の那覇→羽田が安くないのが難点ですが、それでも株主優待券をチケットショップで購入し、株主優待プレミアムクラスで購入すれば往復68,000円ぐらいで済んで全体で20万円を下回り、PP単価も10円を切ることになりますので、まずまず合格かと思います。2日目の成田→羽田で鉄道ではなくリムジンバスを使うと、それも含めると10円を超えるかもしれません(笑)

 

 これってなんですか? ANAはサラリーマンに修行してもらいたくて仕方がないってことですか?? シドニー便の Super Value Plusといい、仕掛けてきているとしか考えられません。

 そしてそんな仕掛けに乗ってしまう私たちは、完全にANAの思う壺に嵌っているとしか言いようがありません。

 

 SFC修行界にプレミアムエコノミー利用、海外旅作利用が広まるきっかけの一つになった例の記事はこちらです。

PP単価、PP獲得効率のいいプランまとめ - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

 

参考:ANAの特別運賃表ページと、運賃規則ページ

特別運賃表(アジア・オセアニア)|ご予約/旅の計画|国際線航空券予約・空席照会|ANA

運賃規則|ANA国際線

 

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.