なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

想像をはるかに上回る使い心地、台湾で AirPods購入。(+購入店で直ちに免税手続きのこと)

 2017年7月1日に台湾にはじめてアップルストアが開店しました。

iphone-mania.jp

ちょうど旅行中だったのでせっかくだから行ってみようかと思ったのですが、どうせ激混みだろうと行くのはやめて、デパートでのショッピングのついでに デパート内のApple製品取扱の店を覗いてみました。当然ながらガラガラ(笑)

 

 で、買うつもりは全くなかったのですが、日本では6週間待ちとか言われていた AirPodsがあるのかどうか冷やかしがてら店員さんに尋ねたら、なんとあるというのです。日本で6週間も待つものがどういうわけかある、しかも免税手続きもできるということで、一気に悩むことに・・・

 

 なんであるのか?それほど売れていないのか?と尋ねたら、そうではなくてたまたま本日入荷したというので、そうだと知ると買わないわけにもいかないような気になって、結局購入することに・・・

 

f:id:anamileagefreak:20170712005439j:plain

 

 どうですか~これ、イヤホンにコードが全くありません。これがどれほど快適かは、実際に使ってみないとなかなかわからないと思います。こんなに清々しいとは思いませんでした。電車に乗って iPhoneで何かを聞くときに、絡んだコードを解くあの面倒から完全に開放されます!

 

 もう最高です。

 

 Appleのアクセサリなので、どうせ Apple製品につなげるだけだろうけど、まあ iPhoneで使えればそれだけでもOKだと思っていたのですが、Bluetoothがついていればパソコンにも繋げられるとわかって、更に感動です。パソコンで YouTubeとか見ていても、コードがないのでパソコンから多少離れても全然OK! コードがないので手元もスッキリです。

 

 ただし、音質はそんなに良くないんですよね。自分はかつて AMラジオでオールナイトニッポンとか聴いて、「こんな音質で音楽流してどうするんだろう」とか思っていた世代なので、それに比べたら全然いいんですけど、気になる人は気になりそうです。たとえ店頭で出くわしても、たまたま入荷していたから運命だとか馬鹿なことは考えず、いろんなレビューを読んで検討してから購入するほうが良さそうです。

AirPod レビュー - Google 検索

 

 さて、購入するときには海外旅行客の免税が有効です。台湾でデパートで購入して免税手続きすることもこれで数度目で、すっかり慣れました。海外旅行での免税手続きというと帰国時に空港でというのが一般的かもしれませんが、台湾のそれなりのデパートなどでは、サービスカウンターで当日に返金してもらえます。店舗での免税手続きは、購入金額がいくら以上いくら以下と決まっているようで、しかもその基準額が時々変わるようなので注意して下さい(22017年7月現在は、2,000~24,000台湾ドルの場合に店舗で手続きができるようでした)。ちなみに以前に iPhoneをデパートのサービスカウンターで免税手続きした時の話はこちらにあります。

シドニーでサムソナイトを、台湾でiPhoneを、免税で購入した話 - なんちゃって陸マイラーのSFC修行

また、取扱金額の基準などについて参考はこちら。

台湾:退税・海關(免税・税関) – cytn.info

 

 失敗だったのは、免税もされるので当然台湾で買うほうが安いだろうと思っていたら、免税を考慮しても日本より1,500円ぐらい高く付いてしまったことでした。次のときはちゃんと現場で比較してから買うかどうか決めるようにしようと思いました。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.