読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

台湾で Pontaポイントを貯めたけど、ちょっとだけ問題が生じた話

ポイント・マイル獲得ヒント スポンサーなし

 JALマイルに交換できるポイントということで、今年JMB修行を始めた自分としてはにわかに注目しだした Pontaポイント。台湾のコンビニでもポイントが貯まるということだったので、前回の台湾旅行で試してきたので報告します。

 

 台湾で Pontaポイントを貯めるには、日本で使えるカード式の Pontaポイントカードではダメで、スマートフォンのアプリ「Pontaカード(公式)」をダウンロードして設定をする必要があります。その設定にはリクルートIDが必要です。こちらの公式ページから順を追って行けば導入は難しくないと思います。このアプリを使えば、日本でもカードを持ち歩かなくてもローソンなどでポイントを貯めれるので、ダウンロードして損はないと思います。

www.ponta.jp

 

 さて、このアプリを導入しさえすれば台湾で Pontaカードを使うのは簡単です。「設定」→「海外でもたまる、使える」→「得易Ponta(台湾)」→「デジタル Pontaカード」→「会員証の表示を得易Ponta(台湾)に変更しますか?」に「はい」で、台湾のPontaカードに表示が変わります。あとは台湾でPontaカードが使える店で支払い時にバーコードを提示すれば良いだけです。

 

 

f:id:anamileagefreak:20170317223115p:plain

 

f:id:anamileagefreak:20170317223043p:plain

 

 台湾でPontaカードが使える店はかなり限られていますが、それでも大手コンビニの OK-martと Hi-Lifeで、あとは担仔麺の有名店「度小月」で使えるので、全く使えない感じでもありません。私は OK-martで使ってみました。

f:id:anamileagefreak:20170317223143j:plain

 

 台湾のPontaポイントそのものは、日本のPontaポイントと価値が違っていて、そのため違う枠で貯まっていきます。台湾のPontaポイントはもちろん台湾でも使えるのですが*1、台湾でポイントを貯めて放っておけば、毎月末に台湾の10ポイントが日本の1ポイントに自動交換されます。この場合の還元率は約0.8%で、台湾でポイントをそのまま使う場合よりは低いですが、こういうのはやってみることに意義があると思うので、とりあえず貯めるだけ貯めてみるといいと思います。

 

 さて私の場合は、結局1回の買い物で台湾Pontaポイントが57ポイントが貯まりました。触れ込み通りなら月末に台湾の50ポイントが日本の5ポイントに変換されて加算されるはずでしたが、そうはなりませんでした。台湾のポイントが10ポイント減算されて47ポイントになり、日本のPontaポイントが1ポイントだけ増えていました。

 

 はっきり言ってみみっちい額ですが、触れ込み通りにならないと気持ち悪いので、アプリからメールを起動して問い合わせをしました。すると、交換手続きの集計データに誤りがあり台湾Pontaポイント10ポイント分しか変換されなかったという返事がありました。残りの40ポイント分は約半月後に変換されたのですが、実際に使う人が少なくて、こういう問題があってもこれまでに問い合わせをした人がいなかったのかなと思いました。

 

f:id:anamileagefreak:20170317225502p:plain

f:id:anamileagefreak:20170317225503p:plain

 

 そんなこともありましたが、簡単な設定ですぐ使えるので、今度台湾に行く方はよかったら試してみて下さい。

*1:台湾のPontaポイント10台湾ドル(これを書いている時点で約37円)支払いごとに3ポイント貯まります。使うときは25ポイントで1台湾ドルとして使えるので、実質的には1.2%還元になります

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.