なんちゃって陸マイラーのSFC修行

ANAマイルを年間50万以上を手抜きで獲得する陸マイラーのブログ

要注意、アメリカのホテル予約は頭脳戦

 ニューヨークのホテル予約は苦労しました。高いと聞いていましたし、滞在がとても短いのでできるだけ移動時間が短くて済む方法を考えて、それに合う場所を選んで・・・と選んでいくとかなり範囲が限られてしまいます。それでもできるだけ安いところをと四苦八苦して、結果的には悪くないホテルを押さえることができましたが、かなり手こずったのでまずはその顛末を書きます。

 

料金表示が鵜呑みにできない

  JFK国際空港からマンハッタンに速く出ようとすると、基本的にはペンシルヴァニア駅(Penn Station)に着くことになるようです。

f:id:anamileagefreak:20170722145203p:plain

 

 そこでペンシルヴァニア駅から歩いていけるホテルをと見てみると、春先であっても1泊3万5万は当たり前でした。自分は宿にはあまり拘らないので(ホテル修行とかは全くやる気なし)、それなりに安いところを探すのですが、これがまた落とし穴が転がっています。

 

 ペンシルヴァニア駅の近くで一番安めの宿といえば、こちらホテルペンシルヴァニアです。

 

 ところが、このホテルを予約サイトで予約しようとしたときに表示される金額は、実際の請求金額とはだいぶ違いがあるのです。これは Booking.comですが、税金、市税以外に「施設サービス料」なるものを取られると書かれています。それも20ドル以上もです。

↓ Booking.com

f:id:anamileagefreak:20170722145946p:plain

 

 Booking.comはまだ良心的で、この情報が(小さい文字ではあるけれども)わかりやすい場所に書かれていますが、エクスペディアだと全然違う場所に書かれていて、普通に予約しようとしていても気づかないと思います。

 

↓ エクスペディア。金額のところには税・サ別とは書かれていない。

f:id:anamileagefreak:20170722154816p:plain

 

 私が予約したときには施設サービス料ではなく「リゾート料」と書かれていたと思うのですが、建前的にはフィットネスセンターの使用料のようでした。ウェブで調べてみるとこの施設サービス料は結構ありがちな話のようで、知らないとフロントでの請求を見てびっくりすることになります。

 

 全部のホテルが施設サービス料をこっそり取っているわけではないので、できればそういうのをやらないホテルでいいところがないか探したいと思って、値段的にも許せるところを探して、結局見つけ出したのが、マリオット系のこちらでした。


 ペンシルヴァニア駅から徒歩8分程度、Booking.comで2泊で朝食付き税抜きで、キャンセル無料で284ドルでした。

 

 ところがその後も時々 Booking.comをチェックしていると、日に日に値段が上下していくのです。あるとき同条件で270ドルというのが出たので追加予約→元の予約をキャンセルした次第です。

 

ニューヨークのホテル予約を通して学んだこと

 

上記内容を含めて、海外ホテル予約で注意すべきは

  • 施設使用料など、別途請求がないかを確認する → Booking.comで検索するのが手っ取り早い
  • 日に日に値段が変化するので、時間があれば予約後も再チェックすると、得をすることがあるかも知れない。
  • 毎回ポイントサイトを経由する

 

こんなところでしょうか。ちなみに自分は最安値マッチとかはやったことありません。

 

ホテルがどうだったかもまとめるつもりだったのですが、泊まったホテルについてはエントリを改めます。

Copyright © 2016-2017 AMF All Rights Reserved.